出会い系おすすめランキング!このサイト・アプリなら必ず出会える【2019最新版】

出会い系 出会い系アプリ・サイト

出会い系やマッチングアプリを利用して、多くの異性と出会ってみたい。
楽しい時間を一緒に過ごせる女性を、気軽に探してみたい。
人肌淋しいときに、温めてくれる男性がほしい。

私が出会い系やマッチングアプリを使い始めた理由は、こんな理由からでした。

当時25歳の私は、都内の企業で営業職をしていました。地方から出てきてひとり暮らしをしていて、1年前に彼氏と別れて以来、出会いのない日々を過ごしていました。

仕事をしている間は淋しさを紛らわせることができても、帰宅途中やひとりで部屋にいるときなど、ふとした瞬間に男性の温もりがほしくなるものでした。

出会い系やマッチングアプリに登録してから、この1年で50人ほどの男性と直接お会いしました。どの方とも楽しい時間を過ごすことができて、実際に数人の方と肉体関係を持ち、その後もお付き合いさせていただいています。

異性と楽しい時間を過ごすことはとても重要です。本音を言えば、デートだけで終わらずセックスまで楽しみたいと思うのは女性として偽りのない本心だと思います。

私は、出会い系やマッチングアプリで心も身体も満たされた日々を過ごしています。

正直、最初は出会い系やマッチングアプリで出会った男性に何かされないかと不安を感じていました。出会い系やマッチングアプリの数は、年々増えてきています。どの出会い系もマッチングアプリも、女心をくすぐるような甘い言葉が並んでいます。

しかし、信頼できる出会い系やマッチングアプリでの出会いと、ちょっとした自分自身の心がけ次第で、こういった心配がないことが分かりました。

1年前の私のように、人知れず男性との出会いを求めている女性は多いと思います。

どの出会い系やマッチングアプリが自分に合うかは、その人によって基準が違うので一概には言えませんが、今日は私が思う出会い系やマッチングアプリのことについてお伝えしていきたいと思います。

また、てっとり早く私が使ってる出会い系を教えて欲しいという方は、下に一覧表をまとめているので参考にしてみてください。

出会い系 特徴 出会うまでの
金額目安
ワクワクメール 会員数750万人
日本最大級の恋愛サイト
女性人気が高い
男性は3000円程度
女性は無料
Jメール 会員数600万人
運営歴18年の老舗
アブノーマルの出会いが多
男性は3000円程度
女性は無料
ハッピーメール 会員数2000万人以上
元県知事も御用達
元SDN野呂佳代がモデル
男性は3500円程度
女性は無料
PCMAX 会員数1300万人以上
即ヤリ系の出会い系
サクラがゼロで安全
男性は3500円程度
女性は無料
YYC 会員数1400万人以上
大企業運営で安全安心
男性は4000円程度
女性は無料

出会い系とマッチングアプリの共通点と違い

出会い系とマッチングアプリの共通点は、異性との出会いを求める場であることです。

しかし、出会い系とマッチングアプリには決定的な違いがあります。

私が思う出会い系とマッチングアプリの違いを簡単にまとめると、

  • セックスが目的の出会いを求めるならば、出会い系
  • 友達や仲間、彼氏、結婚相手を探すならば、マッチングアプリ

です。

私は、食事や飲みは置いといて、男性とセックスしたいときは、出会い系を使います。

(と言っても、最初はどこかで落ち合って食事をして、そのままホテルへと場所を移すことがほとんどですが)

出会い系で出会った男性達とは、ワンナイトで終わった方もいれば、今でもセフレとして長くお付き合いしている方もいます。

PCMAXハッピーメールワクワクメールミントC!Jメールあたりの出会い系は男女ともに10代から30代、それ以上と幅広く登録しているから、気軽にエッチできる関係に発展できるので重宝しています。

ちなみに私は20代独身ですが、相手は既婚者だったり独身だったりと様々です。

趣味など自分の好きな分野で友達を見つけたいときや、ちょっとした飲み仲間がほしいときなどは、マッチングアプリを使います。

仕事で出会う方達とのお付き合いはどうしても限定されてしまうので、飲みに行っても会話が仕事の延長線上にあるような感じです。

マッチングアプリでの出会いは仕事抜きにいろんな方と出会うことができるし、いろんな職種の方との出会いで自分の視野が広がります。

マッチングアプリで出会った男性達とは、不定期に飲み会を開いたり、趣味の場で交流をもったりしていますし、何回か会ううちにお互いに好意が芽生えてお付き合いに至ることも多いです。

今私がお付き合いしている方もマッチングアプリで出会った方で、ワイン好きという共通点から会話が弾みました。

一緒にワインをたしなみ、5回目に一緒に食事に行ったあとで肉体関係を持つようになりました。

マッチングアプリによっては婚活目的のものもありますので、最初から結婚相手を探す目的で利用されている方もいます。

私は、出会い系では「身体」を癒してもらって、マッチングアプリでは「心」を癒してもらっています。

 

出会い系とマッチングアプリでほぼ共通のことについてまとめます。

出会い系もマッチングアプリも、基本、女性の会員登録は無料です。

一般的な出会い系やマッチングアプリは、会員登録する男性側に会費などが発生します。

ちょっとしたオプションをつけると有料になる場合もありますが、無料の範囲内で男性と出会う機会は十分にあると思います。

出会い系もマッチングアプリも、登録する際に顔写真とちょっとしたプロフィールを用意する必要があります。

プロフィールは、年齢や住んでいる場所、趣味などは基本ですが、利用する出会い系やマッチングアプリによっては、お相手の男性に望む職業や年収の登録が求められることがあります。

他にも、利用する出会い系やマッチングアプリによっては、あなたの体型がやせ型なのか標準型なのか、もしくはぽっちゃり型なのかといった細かな登録を求められるところもあります。

やせ型やぽっちゃり型の体型をコンプレックスに思っている女性も多いと思いますが、男性でやせ型やぽっちゃり型の女性との出会いを望む方は多くいらっしゃいますので、コンプレックスを自信に変えていただきたいです。

登録された女性の顔写真とプロフィールなどから、男性が好みの女性を選んでアプローチしてきますし、逆に女性側が登録された男性の顔写真やプロフィールなどから好みの男性を選ぶこともできます。

やりとりはニックネームで行われますので、本名を名乗る必要はありません。

安心して利用できる出会い系とマッチングアプリの見極め方

出会い系やマッチングアプリに興味があっても、何かトラブルに巻き込まれたらどうしようと心配の女性は絶対多いと思います。

私自身も、初めて使うときはドキドキでした。

私が抱いた不安は、自分の名前や住所、電話番号、職場などの個人情報が流出しないか、そこで出会った男性から身の危険を感じるようなことがないか、無料とはいえ知らないうちに課金されて気が付けば払えないほどの請求が来るのではないかなどということでした。

残念ながら、全ての出会い系やマッチングアプリが健全だという保証は全くないのです。

自分が利用したい出会い系とマッチングアプリが、安心できるかどうかを見極めるポイントがあります。

以下に、そのポイントを紹介していきます。

ポイント①個人情報が守られるか

運営会社のほとんどが、個人情報保護を掲げて会員募集を行っています。

例えば、JAPHIC認証とは、日本個人・医療情報管理協会が認証する個人情報を守る第三者機関です。

この認証を受けていると、個人情報がしっかりと保護されているという判断基準になります。

他にも、各運営会社独自の個人情報保護を行っているところがほとんどですが、ちゃんとしているかを確認したほうがよいです。

ポイント②運営年数実績が長いか浅いか

私が出会い系やマッチングアプリを使ってみて感じたことは、ちょっと怪しいかなと思うところに限って、できて日が浅い傾向にあることです。

できて日が浅い出会い系やマッチングアプリは、運営のノウハウを試行錯誤しながら学んでいる状態です。

その点、後でまとめますが、私が信頼できると思う出会い系やマッチングアプリは、運営年数が軒並み10年以上という実績があるところばかりです。

出会い系やマッチングアプリ運営に知識と経験がある運営会社ならば、守られている安心感があるものです。

ポイント③登録の際に年齢確認が必要かどうか

出会い系やマッチングアプリは男女問わず18歳以上の方しか利用できません(高校生は登録不可です)。

年齢確認を求められるため、登録の際は運転免許証や健康保険証などの提示が必要です。

しかし、中には確認が甘いところがあり、年齢確認は全く必要ないところもあるのが現状です。

大人っぽい男性と思って関係を持ったけれど、実は18歳以下だったとなりますと、法律に反することにもなります。

ポイント④運営会社側の監視体制が整っているかどうか

出会い系やマッチングアプリの中でも、優良企業は24時間365日体勢で監視体制をとっていますし、中には有人でサポートしてくれるところもあります。

例えば、不適切なカキコミがあった場合、男性側からの過剰なアプローチがあった場合などは相手に警告を発し、あまりにも警告回数が多い場合は強制退会となるものです。

この監視体制があると、たとえ深夜に何かトラブルが生じても安心です。

ポイント⑤会員登録数が多いか少ないか

その出会い系やマッチングアプリに会員登録している人の数も、重要なポイントのひとつです。

少なければ少ないほど、出会える確率が低くなります。

いくつかの私が信頼できる出会い系やマッチングアプリは、平均して500万人以上の登録があります。

ポイント⑥男性向け雑誌の広告掲載数が多いか少ないか

健全な出会い系やマッチングアプリは、男性の会員数を増やすべく、男性向けの雑誌に広告を多く掲載しています。

多くの男性の目に留まる機会が多い男性向け雑誌に広告掲載があればあるほど、その出会い系やマッチングアプリに興味を抱く男性が多くなりますし、男性の会員登録数も、自然と増えていきます。

ポイント⑦男性の会員費が無料か有料か

ほとんどの出会い系とマッチングアプリは、女性から会員費を徴収しない代わりに男性から会員費を徴収しています。

その出会い系やマッチングアプリにもよりますが、男性が登録する場合、月に3,000~4,000円はかかっています。

しかし、たまに男性の会員費が無料であることを謳い文句に男性会員を集めている出会い系やマッチングアプリを目にします。

そもそも、健全な出会い系やマッチングアプリを運営するには、それだけ費用がかかるものです。

男女ともに会員費無料となると、その資金源がどこから来ているのかがはっきりしません。

男性なら無料で誰でも登録できるとなると、怪しい人が登録していないか不安です。

女性の心と身体は、とってもデリケートです。

一度傷ついてしまうと、元に戻るには時間がかかります。

だからこそ、しっかりとした出会い系やマッチングアプリに出会ってほしいのです。

適当に見つけた出会い系やマッチングアプリで傷つくのは絶対に避けましょう。

出会い系やマッチングアプリを利用した残念なニュースを見聞きするたびに、健全な出会い系やマッチングアプリを自分が意識して選ばなければいけないと痛感しています。

出会い系で、セックスに至るためにはどうしたらよいか

私が思う、出会い系でセックスに至るための秘訣は、この一言に限られます。

「お互いの秘密を守れる男性と出会えるかどうか」です。

私の場合は、それまでセックスで私の身体を満たしてくれていた恋人と別れたことで、身体の疼きが抑えられなくなったのがきっかけで出会い系を利用するようになりました。

仲間や恋人などを探すマッチングアプリと違って、セックス前提での出会い系での出会いには、それなりにリスクが伴います。

世の中には、いろいろな立場でセックスに関して思うところがある女性が多いです。

例えば夫や恋人がいないのでセックス相手がいない方、いるけれど身体が満足しない方や非日常を味わいたい方など、いろんな事情からセックスできる相手をスマホなどから気軽に見つけたいという女性は人知れず多いのです。

ただ、デリケートな話題だけに、気軽に口にするのが憚られるだけです。

同じことは男性も言えることで、私が出会い系で出会った男性達のほとんどが妻帯者や、すでにお付き合いしている女性がいる方でした。

もちろん、独身で、お付き合いしている女性がいない男性との出会いもありました。

会っている時間を充実させるために、お互いのことは深く詮索せずに尊重しあえる関係を築くことができるか否かが出会い系の最大のポイントです。

女性だって、セックスを楽しみたいときがあります。

出会って日が浅い方とお互いに気持ちを探り合いながらのセックスは、ある意味普段の日常では味わえない貴重な経験でもあります。

でも、不思議と、一度経験してしまうとその出会いから身体が離れなくなってしまいます。

マッチングアプリで、ステキな出会いを見つけるにはどうしたらよいか

私が思う、マッチングアプリでステキな出会いを見つける秘訣はこのひとつです。

「そのマッチングアプリで知り合った男性と、飲みに行けた(食事に行けた)回数」です。

理由は、これがなければ、その後の関係発展には至らないからです。

まずは友達から始めたい、仲間を作りたい、恋人を作りたい、結婚を意識したお付き合いをしたいなどと思っても、まずは飲みに行ったり、食事に行ったりしない限りはその先には進まないからです。

私は、マッチングアプリで最初から友達や恋人を探そうと思ったわけではなく、まずは多くの男性と出会って、自分に合う男性がいたら次の段階へ…と思いながら始めました。

なので、最初から高いハードルを設定していたわけではありません。

一緒に過ごしている時間が心地よいと思った男性には、その後も積極的に会う回数を増やしましたし、自分と感性が違うかなと思った男性の場合は少しずつフェードアウトしていきました。

最初からガツガツ行くのが苦手な私のような女性ならば、マッチングサイトでゆっくりと関係を築いていくのも十分にありだと思います。

おすすめの出会い系やマッチングアプリ

私がおすすめする出会い系やマッチングアプリをいくつかご紹介します。

私が実際に利用してみてよかった出会い系やマッチングアプリ、そこで出会った男性達から聞いて評判のよかった出会い系やマッチングアプリを集めました。

あくまでも私主観のものですので、参考程度に読んでくださると幸いです。

ここで紹介する1位から6位までの出会い系やマッチングサイトは、全て24時間365日の監視体制が保証されています。

第1位:ワクワクメール

ワクワクメール

首都圏や大阪といった大都市の繁華街で見かける大型看板が印象的なのが、ワクワクメールです。

他にも、女性誌の広告などによくでてくることから、出会い系やマッチングサプリにこれまでご縁がなかった方でも一度は名前を見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

ワクワクメールは会員数が750万人です。

会員数で比較してしまうとPCMAXハッピーメールには劣りますが、創業が2001年という運営実績がある安心感と、気軽に男性とメール交換できることから女性には人気です。

登録者は圧倒的に男性が多いため、登録している女性はすぐに他の男性にとられてしまうと嘆いている知人男性が多くいます。

これは逆に、女性側としては引く手あまたと嬉しい意味で解釈できるのではないでしょうか。

運営側の管理が非常に厳しいことでも評判で、業者や不審者の登録を次々にブロックしていることから、安心して利用できると言われています。

日記やつぶやき、パーティーなどの豊富なコンテンツが用意されています。

ワクワクメールはどちらかというと出会い系というよりはマッチングに特化している印象で、楽しい出会いの場となっています。

女性年齢層は20代が半数以上を占めています。

男性の登録者は20~30代が多く、10代~20代前半の女性との出会いを希望しています[R18]

ワクワクメール公式はこちら

第2位:Jメール

ミントCJメール

18年の運営実績があるミントC!JJメールの会員数は、2位のワクワクメールと同じ600万人以上とのことです。

特徴として、地方在住の会員が多いことが挙げられます。

登録している女性は30代女性が34%と最も多く、20代が29%、40代が18%となっています。

男性は中高年、シニア世代の登録が多い傾向です。

Jメールが他社の出会い系と決定的に違うポイントは、アブノーマルな出会いを求めて会員登録をしている方が男女問わず比較的多い傾向にあるということです(ノーマルな出会いを求めている方もいらっしゃいますので、誤解ないようお願いいたします)。

他の人とちょっとだけ違った性癖がある方にはおすすめの出会い系です。

デリケートな話題なので、なかなか周囲に自分の性癖を話す機会がない方でも、ここの出会い系であれば自分と同じ感覚の方と数多く出会えるでしょう[R18]

Jメール公式を見てみる

第3位:PCMAX

pcmax

創設15年以上の健全な運営実績と、会員登録者が1,000万人を超えるという国内最大級の出会い系マッチングサイトです。

男性誌だけではなく、ananやJJ、女性自身といった女性誌にも掲載されていることから、男女問わず知名度の高い出会い系マッチングサイトでもあります。

会員の男女比は6:4で、女性登録者は20代が最多で女性会員数の57.5%を占めます。

20代の中でも、特に20代前半に集中しています。

以下30代が17%、40代が12.5%と続いていて、50~60代の女性の登録も増えてきています。

男性の登録者は20~40代前半の方が多いようです。

プロフィールには、婚姻歴や彼女の有無、たばこを吸うか吸わないか、車を持っているかいないかなどの記載欄もあります。

掲示版には、毎日10万件以上のカキコミが寄せられています。

ここでメッセージを交換することで、あなたに興味を持つ男性からお返事をいただくことができますし、気になる男性がいたら自分からメッセージ交換ができます。

この掲示板は、年齢や地域、好みのジャンルなどに絞った検索も可能です。

他にも、自分が書いた日記を公開できる機能や、LIKE検索というサービスがあります。

LIKE検索とは、普通は自分の好みの条件で相手を探しますが、この検索方法では男性が求めている条件で検索されるのです。

よって、男性が求めている条件にあなたが一致した場合、相手の検索画面にあなたが表示されます。

利用目的はメル友や友達、遊び相手探しなどが上位に来ているため、出会い系というよりはマッチングに特化した印象があります。

しかし、プロフィールには「エッチ度」という項目があって、ここで積極的な回答をしている方とならば、セックスへとつながる確率が非常に高くなります。

裏プロフィールではエッチな自己紹介も可能です。

私が今まで利用した出会い系やマッチングアプリの中で、セックスに至った確率が最も高かったのがこのPCMAXです[R18]

PCMAX公式ページを見る

第4位:ハッピーメール

ハッピーメール

出会い系の老舗的存在が、このハッピーメールです。

ハッピーメールの会員登録数は1,000万人以上ですから、1位のPCMAXと同じくらいの数で、出会いの数も多いです。

気になる男性とのメール交換が可能ですし、公式サイトから出会い掲示板を使うこともできます(掲示板使用はブラウザ版のみなので、アプリ版では使用できません)。

マッチングアプリというよりは出会い系として登録している会員が多いので、フィーリングさえ合えばすぐにセックスへと移れるでしょう。

強いて言えば、女性は一切費用がかからないものの、男性側の負担金額が高いので、男性側はフィーリングが少しでもあればLINEでのやりとりを求めてくると思われます。

こういったLINEでのやりとりが負担と感じる女性には不向きかも知れません。

会員登録をしている男性は既婚者が多い傾向があり、割り切ったお付き合いを希望される女性には向いている出会い系です。

既婚者や熟女会員が多いのが特徴ですし、男性側もそういった女性との出会いを求めている傾向があります[18禁]

ハッピーメール公式サイトはこちら

第5位:YYC

yyc

mixiグループの会社が運営していて、婚活サービスのyoubrideの運営会社と一緒という安心感と安全感がYYCの魅力のひとつです。

YYCの会員登録者数も、PCMAXやハッピーメール同様に1,000万人以上です。

比較的若い世代の男女が会員登録をしている傾向にあり、ハッピーメール同様に出会い系の老舗的存在です。

女性登録者数は、20代女性が57%、30代が22.5%、40代が13%です。

男性登録者は30後半~40前半の方が多く、ちらほらと既婚者の男性が登場します。

つぶやきやコミュニティといったコンテンツの充実さは目を見張るものがあります。

PCMAXやJメール、ハッピーメールと同じような出会い系の流れで進んでいきますが、他社と違ってマッチングシステムがないぶん、気になる相手に最初からメッセージを送ることができるのがYYCの特徴です。

また、SNSと同じく、趣味などのコミュニティやつぶやき、日記などといったつながりから関係を広げることが可能なので、気負うことなく出会い系に触れることができます。

友達探しから始まって、恋人探しや本気の結婚相手探しから、割り切ったセフレ探しなど、幅広い出会いに柔軟に対応しています。

男性の会員登録者の話では、サクラ的な女性もちらほら見かけられるそうです。

そう考えると、あなたが本気でお相手を探したいのならば、誠実にお相手と接することで好印象を与えること間違いなしです。

女性は完全無料なので影響はないのですが、有料の男性には課金で様々な制約があるようなので、他の4社の出会い系と比較すると男性には少々窮屈な印象のようです[R18]

YYC公式はこちら

第6位:イククル

イククル

運営会社主催の婚活パーティーがあるのが、イククルの特徴です。

掲示版や体験談、日記、趣味検索などといったコンテンツが充実しています。

掲示版のカキコミ数は、1日あたり25,000件以上とのことです。

何かトラブルが生じても、24時間年中無休で電話対応してもらえるのも安心です。

男性からの口コミによりますと、イククルに登録している女性のほとんどがサクラと言われているという噂があるそうです。

そんな噂の影響か、本気で出会いを求めている男性は敬遠しがちなイククルではありますが、逆にここで出会う男性はイケメンが多いとの評判が多数寄せられています。

実際、私もこのイククルで出会った男性と一晩を共にしましたが、終始紳士的な対応でなおかつイケメンでもあったので、心も身体も満足でした。

最初は「この子もサクラなのかな…」と思われたとしても、実際のやりとりであなたの本気度が伝われば、相手も誠実に答えてくれるでしょう。

次に、私がおすすめする出会い系のランキングからは外れてしまいましたが、今まで出会い系で出会った男性や、出会い系を利用している同性の知人友人から聞いて悪くないと思った出会い系やマッチングアプリをいくつか紹介します[R18]

イククル公式を見てみる

ペアーズ

ペアーズは2012年に誕生した恋愛・婚活マッチングサービスで、国内最大級の会員数を誇っています。

24時間365日の監視サービスは、ペアーズが国内で最初に取り入れたものです。

2019年1月の時点で、累計会員数が1,000万人を突破し、昨年からの1年間で会員数は300万人増加しています。

これまで恋人に出会った会員は20万人以上、その約60%が将来の入籍や結婚を考えているそうです。

毎日2,000人(男女合計)の登録があるので、日々新しい出会いがあります。

男女比は7:3とのことなので、男性から声がかかる確率が非常に高いのが特徴です。

登録者の年齢分布は、男性の半数が20代、女性の60%が20代と言われています。

女性の登録者のうち、30~40代も約40%とのことなので幅広い女性世代に対応しています。

気になる異性を見つけたら、「いいね!」ボタンを押します。

その異性から「いいね!ありがとう」が送られて来た時点で、メッセージ交換が可能です。

男性が登録する場合は他のマッチングアプリと比較して少々割高のようです。

このことは、女性との真剣な出会いを期待する男性の思いの表れでもあり、いいかげんな気持ちで登録する男性が少ないということではないでしょうか。

with

with(ウィズ) 口コミ

withは、メンタリストのDaiGoさんが監修しているマッチングアプリで、相性診断からマッチングが可能です。

会員数は98万で男女比は7:3とのことです。

withに会員登録する女性は24歳までの方が多く、29歳までの方でも全体の70%を占めます。

男性は20代が62%とのことです。

20代女性は、結婚相手探しやセフレ探しというよりは、むしろ男友達や彼氏がほしいという感覚の女性が多いでしょう。

会員登録している男性達に聞いてみたところ、登録から出会いまでのコスパの良さを賞賛する方が続出でした。

登録作業にかかるお金はリーズナブルに、そのぶん女性とのデートに使えるとのことです。

タップル誕生

上場企業のサイバーエイジェントが運営するのが、毎月7,200人に恋人が誕生しているタップル誕生です。

タップル誕生の女性会員登録者は、20代は気軽な出会いを、30代はちょっと本気モードの女性が多い傾向です。

カテゴリーで、年齢や住んでいる場所、趣味などから好みの男性を選び、「いいかも」とメッセージを送ります。

そこでお互いが「いいかも」ならば、個別に会うことやLINE交換をすることができます。

恋活アプリ、独身者向けとサイトに記載あることからも、婚活やセフレ作りを意識した方には不向きでしょう。

ポイボーイ

出会い系やマッチングアプリでのお付き合いは、どちらかと言うと、女性よりも男性がリードするイメージがあります。

そんな中、ポイボーイは、女性から積極的にアプローチ可能な出会い系です。

写真を見ていいなと思った男性がいたら、「いいね」を送るのです。

男性側は、自分に「いいね」を送ってくれた女性の中から好みの方を選びます。

実際にポイボーイで出会った男性達は、写真も実物もチャラ男やナルシストが多かったです。

年齢層も、20代前半の若い男性が多い気がしました。

そういった方とは食事だけで疲れてしまい、その次はありませんでした。

そんな中でも、ふと、自然体のステキな笑顔で写っている男性が何人かいました。

そういった男性は、飾らないそのままの素の自分で登録している場合が多く、誠実な方が多いです。

私がポイボーイで出会った男性でとても感じの良かった方の写真は、チャラチャラした見た目の他の男性陣達と違って、愛犬を抱えて微笑んでいるものでした。

私も犬が好きなので話が盛りあがったのと、お話している中で誠実な人柄が伝わってきて、そのまま深い関係となりました。

チャラ男やナルシスト系の男性は、女性の喜ばせ方を熟知していて、独自の世界観を持っているので逆にこちらが学ぶこともあります。

そういった男性を好む女性には適したアプリですが、逆に真面目で誠実な男性にも出会うことができるのがポイボーイの良さです。

クロスミー

クロスミーの最大の特徴は、GPSが搭載されていることでしょう。

自分の今いる場所から近い距離にいる男性とマッチングしてくれるのです。

すれ違い機能、というものを使うことで、自分から2~3㎞以内にいる会員登録者がすぐに表示されます。

この機能は、該当する会員登録者と今まで何回すれ違ったかまで分かってしまうとのことです。

これは他の出会い系やマッチングアプリと違って、すぐに会える=すぐにセックスできる、となります。

待ち合わせをしてちょっと食事やお茶をするにしても、自分とお相手の行動範囲はほぼ一緒です。

これこそすぐにお相手と出会える最強の出会い系です。

しかし、クロスミーを実際に使ったことのある方のお話を聞いて、私はちょっとだけ怖さも覚えてしまいました。

他の出会い系で知り合った男性から聞いたのですが、その男性はクロスミーに会員登録をしていて、今まで10回近くすれ違った女性と会ってみたら、同じマンションに住む方だったそうです。

異性との出会いを求めていると言いながらも、ここまで近いとちょっと構えてしまいます。

クロスミーは首都圏のみが対象範囲なので、限定された地域での出会いを求めている方にはいいのかも知れません。

mimi

miniの特徴は、男性側が細かな女性のタイプを選ぶことができることです。

ロリ系からキャリアウーマン系の女性のタイプ別に選択可能だったり、他にも、女性の目元や口元、鼻元の好みのパーツを持っている女性を選択できたりするのです。

男性側の金銭的負担が比較的少ないので、登録する男性も多いとのこと。

20代前半の女性会員登録者数が多く、本気で婚活を考えている女性よりは、一緒に飲みや遊びに行く相手を探している女性が多い傾向にあります。

イヴイヴ

イヴイヴの魅力は、他のマッチングアプリではなかなか感じられない安心感です。

誰でも入会可能な一般的なマッチングアプリと違い、イヴイヴに入会するにはまずは審査を受けなくてはいけないのです。

その審査は、運営スタッフに加えて既存ユーザーによる審査もあり、既存ユーザーの賛成が過半数を超えないと入会できません。

プロフィールの信憑性が薄い、写真をいいように加工しすぎなどといった気になる点がある人は、特に既存ユーザーにはねられる気がします。

逆に言えば、審査を通過した人しかいないマッチングアプリであることから、この人大丈夫かな?といった心配がないので安心感が増します。

婚活、恋活を目的としていることが公式サイトで明記されていることから、最初からセックスに至る出会いは期待薄です。

omiai

Omiai(オミアイ)

名前がomiaiということから、結婚相手を探す男女が集うマッチングアプリかと思われがちですが、実際はまずはお友達からといった出会いを求めた方達が多い印象です。

累計会員数は300万人を突破しました。

Omiaiでの出会いは、出会い系と違いすぐにセックスにはつながりにくい傾向があります。

女性の会員登録者はある程度大人の20代後半以上の方が多く、ギャル系やロリ系、20代前半の女性もいないわけではないですが人数的に少ないようです。

マッチドットコム

世界25か国で展開されているマッチドットコムは、日本での会員数が187万人で、交際1年で結婚するカップルが全体の44%という高数値をキープしています。

メール交換を始めて1か月以内に交際を開始した方は全体の60%という数字からも、出会いに特化したマッチングサイトです。

マッチングアプリをちょっと大人にしたようなもので、ほとんどの会員登録者が結婚前提でのお付き合いを希望されています。

登録者は男女ともに40代に集中しており、男性の54%、女性の40%が40代となっています。

社会的にも金銭的にも自立した世代が多い世代です。

他にも、登録者の離婚歴が全体の35%という数値から、同じ経験をお持ちの女性には適しています。

ASOBO(アソボ)

ASOBO アソボ

2011年に誕生したASOBOは登録者数が560万人を超え、多くの方の出会いの場となっています。

ASOBOには、ユニークな特徴があります。

それは、自分の好きな分野や得意な分野でサークルを作れてしまうことです。

このサークルで出会える男性は、自分と同じ感覚を持った方ということ。

例えば、テニス好き、旅行好きが集うサークルを自分で作ってしまうこともできるし、すでにできているサークルに入会することもできます。

アダルト系のサークルを作ることも可能ですので、そこでフィーリングが合えばセックスへつながる確率も高くなります。

メールの相手がメールを読んだかどうかが分かる未読、既読機能がついているのも評判のひとつです。

aocca(アオッカ)

aocca アオッカ

aoccaは2018年12月にできたばかりの新しいデーティングアプリです。

リリースから3日間で会員数が1万人を突破し、3週間後には3万人を突破しました。

短時間の間にここまでの集客数を得たことから、非常に注目すべきアプリです。

aoccaのコンセプトは「会って楽しい時間を過ごしたい」です。

何日か先の出会いの場を設定するのではなく、今知りあえる男性を探してくれます。

お互いに「いいね」をし合わないと始まらない他のマッチングアプリとは違って、即出会えるきっかけとなるのです。

Aoccaでは、公式のコミュニティのほかに、自分で新たにコミュニティを作ることができます。

興味のあるコミュニティに参加することで、自分と同じ感覚を持った男性と出会えるきっかけになります。

できて日が浅いため情報は多くありませんが、今後の動向に期待が高まります。

避けた方がよい出会い系やマッチングアプリ

次に、避けた方がよい出会い系やマッチングアプリをご紹介します。
よい出会いやマッチングの機会が全くないとは言いませんが、メリットよりもデメリットのほうが勝る気がするからです。

メルパラ

運営実績は19年あって、さらに会員数が150万人というメルパラの欠点は、アプリが重すぎることです。

なかなかアプリが切り替わらず、イライラしてしまいます。

他に、運営会社が九州を拠点にしているため、九州地区の会員数が多い傾向にあります。

九州での出会いを求めている方には向いていますが、他地域での出会いは格段に少なくなっています。

tinder

プロフィールに男性の大学名や会社名が表示されるため、ハイスペックな男性と出会う確率が高いという噂を聞きますが、そもそも男女問わず会員登録料が無料という部分でひっかかります。

ハイスペックな男性であれば、多少お金がかかっても会員登録料金が発生するマッチングサプリを利用して、確実な出会いを得るはずです。

年齢確認が不要なのは本社が日本ではなくアメリカにあるからとのことですが、あまりにも軽すぎてますます不安になってしまいます。

出会い系やマッチングアプリを利用する際に、自分でも気を付けること

上で、安心して利用できる出会い系とマッチングアプリの見極め方では、運営会社の安全性についてまとめました。

他にも、出会い系やマッチングアプリを利用する際に、自分でも気を付けることがあります。

以下に、気を付けたい点についてまとめます。

メッセージのやりとりで定型的な文章を送ってくる男性は避ける

男性からのメッセージが「興味を持った」「会いたい」などといった定型的な文章だけでしたら、お返事に一呼吸置いた方がよいと思います。

こういった定型的な文章は、あなただけではなく女性なら誰にでも使えてしまうからです。

本当に相手の女性に興味があったら、「プロフィールをみて○○の趣味が僕と同じなので、気になってメッセージを送りました。僕は○○の××が好きなのですが、あなたはいかがですか?」などと、相手の女性だけにしか伝わらないメッセージを送ってくるはずです。

信頼できる男性だと確信できるまで、言動や行動には注意する

最初から自分の個人情報を伝えてしまうと、犯罪に巻き込まれてしまう可能性が一気に高まります。

自分の名前や住所、勤務先、細かい話ですが貯蓄金額などといったことまでペラペラ話してしまうのは大変危険です。

待ち合わせ場所は人通りの多い場所を選び、すぐに相手の車に乗ったり家に行ったりはしないこと、泥酔するほどお酒を飲まないこと、貴重品は自分から絶対離さないことを心がけましょう。

タイプ別におすすめの出会い系とマッチングアプリ

出会い系やマッチングアプリは数多くあるので、どれを選ぶか迷うところです。

それぞれの運営会社で、ターゲットとしている年齢層や会員登録者の目的や傾向が違います。

自分の年齢や目的からずれたところに登録してしまうと、それだけ男性との出会いが限られてしまいます。

次に、目的や年齢といったタイプ別の出会い系やマッチングアプリのおすすめを紹介していきます。

あくまでもこれは私基準なので、参考程度に読んでいただけると幸いです。

セックスがしたい、セフレがほしい方

PCMAXとワクワクメール、Jメールがおすすめです。

マッチングアプリの機能もありますが、男女ともにセックスが目的の登録者も多いので、究極の話だと、食事などのやりとり抜きで待ち合わせから即ホテルへ行けてしまいます。

セックスが目的だけど、いきなりホテルはハードルが高いと思っている女性は、タップルとクロスミーで食事や飲みなどから身体を慣らしてもいいでしょう。

ちょっとした出会いがほしい、飲み友達や遊び友達、趣味仲間を作りたい方

ハッピーメールとwith、タップル誕生がおすすめです。

男性側も、女性同様ちょっとした出会いを求めている方が多いです。

飲み友達や遊び友達の関係をキープしてもいいですし、相性が良ければさらに深い関係へと続いてもよいでしょう。

彼氏がほしい、結婚前提の出会いがほしい方

マッチドットコム、Omiai、ペアーズがおすすめです。

理由は、この3社の運営会社の方針が「恋愛につながる出会い」だからです。

登録している男性側も、女性と恋愛につながる出会いを求めた方達ばかりです。

上記3社以外にも、文字数の都合で紹介できませんでしたが、ユーブライドやブライダルネットもおすすめです。

この2社はブライダルを全面に出していますので、結婚前提の出会いを求めている女性には適しています。

20代前半の女性におすすめ、ワクワクメール、YYC、with、mini、ペアーズ

これらの出会い系やマッチングアプリに登録している男性の多くが、20代前半の若い女性との出会いを求めている傾向があります。

20代後半~30代の女性の登録もないわけではありませんが、需要が少ないかも知れません。

20代後半の女性におすすめ、PCMAX

ワクワクメールとJメールのお姉さん的存在が、PCMAXでしょう。

登録している男性の多くが、20代前半の若い女性よりも、落ち着いた大人の雰囲気が漂う20代後半以降の女性との出会いを求めています。

30代以降の女性は、PCMAXに加えてハッピーメール、Jメールもおすすめ

PCMAXがおすすめなのは20代後半の女性で紹介した通りですが、PCMAXとハッピーメール、Jメールに登録している男性の多くは、経済的に自立した男性です。

20代前半の若い女性ならば近くの居酒屋や安いラブホでOKでも、30代以降の女性となるとある程度しっかりとしたお店とホテルに行きたいものです。

30代以降の女性をしっかりと引き立てるステータスを持っている男性が多いのが、PCMAXとハッピーメール、Jメールです。

40代以降の女性は、PCMAXとハッピーメール、Jメールに加えてマッチドットコムもおすすめ

PCMAXとハッピーメール、Jメールがおすすめの理由は30代以降の女性で紹介した通りですが、40代以降の女性にはマッチドットコムもおすすめします。

マッチドットコムに登録している男性は、30~40代の方が多いので、大人の出会いが楽しめるでしょう。

既婚者の女性におすすめ、PCMAXとハッピーメール、YYC

PCMAXとハッピーメール、YYCに登録している男性の中には、人妻をターゲットとした出会いを求めている方が一定数いらっしゃいます。
中には、既婚者の男性もいらっしゃいます。

人妻というブランドに興味を持っている男性がそれだけいるということの表れでしょう。

お相手の男性もあなたが既婚者だということは重々承知してはいますが、不倫関係の始まりでもあるので、お互い自己責任での割り切ったお付き合いをおすすめします。

20代の男性に出会いたい女性は、タップル誕生がおすすめ

タップル誕生に登録している男性の年齢は、20~29歳に集中しています。

30~40代の男性はいないわけではありませんが、数が非常に少ないようです。

30~40代の男性に出会いたい女性は、YYCとマッチングドットコムがおすすめ

YYCに登録している男性は、30~40代前半の方が多く、マッチングドットコムは40代後半まで年齢範囲が広がります。

出会い系やマッチング系でステキな男性と出会うことができると、日々の生活が充実して、仕事へのモチベーションが上がります。

あなたが出会い系やマッチングアプリで最高の出会いができますよう、心から祈っています。

コメント